電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

抜いた方がいい?親知らずの難抜歯について

2024年6月3日

こんにちは。「はまだ歯科クリニック」です。

今回は親知らずについて、本当に抜くべきか抜かないべきか迷っている方へ、親知らずの抜歯についてお話ししたいと思います。

また、親知らずの中では抜くのが難しい、難抜歯の治療を行う必要があるものもあります。

難抜歯についても、通常の抜歯とはどう違うのかを解説します。

 

親知らずを抜いた方がいい?

そもそも親知らずは抜いた方が良いのでしょうか?

結論、抜いた方がいい親知らずがあります。

では、抜いた方がいい親知らずとはどのようなものなのか、以下に記載します。

まっすぐ生えていない親知らず

親知らずが、まっすぐではなく斜めや横向きに生えている場合は抜歯することをおすすめします。

歯が斜めや横に向かって生えていると、磨きづらくなり、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

その他にも粘膜を傷つけてしまったり、隣の歯を圧迫することにより歯並びを悪化させる原因にもなるのです。

親知らずは、歯列の最も奥に生えてくるため、まっすぐに生えてこないケースが多いです。

 

 

中途半端に伸びている親知らず

しっかり生え切らず、中途半端に生えていない親知らずも抜歯することをおすすめします。

磨きづらくなってしまい、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

また反対に、噛みあう歯がないことで伸びすぎた親知らずも抜歯をおすすめします。

すでにトラブルを起こしている親知らず

親知らずは歯列の最も奥に生えているため、そもそも歯磨きがしづらく、虫歯になりにくいです。

気を付けているのにも関わらず、虫歯を繰り返してしまうようであれば、いっそのこと抜歯することをおすすめします。

抜歯することで隣の歯も磨きやすくなります。

また、親知らずによって近くの歯茎が炎症してしまうケースもあります。

親知らずの周りに汚れが溜まったり、歯周組織を圧迫することで、歯茎の炎症を繰り返してしまうのです。

最後に、粘膜を傷つけている親知らずもあります。

痛みや出血、口内炎でお悩みの方は、親知らずが粘膜を傷つけている可能性があるため、抜歯を検討しましょう。

抜かなくてもいい親知らず

反対に、抜歯をしなくてもよい親知らずもあります。

抜歯をしなくてもいい親知らずは、例えば以下の通りです。

・まっすぐ生えている

・適切な長さで伸びている

・歯ブラシが届き、歯磨きができている

・虫歯やその他のトラブルを起こしていない

・歯並びに影響を及ぼしていない

親知らずも「歯」であることに変わりないため、「噛む」という機能を果たします。

お口の健康に悪い影響を与えないのであれば、無理に抜歯する必要がありません。

親知らずの抜歯について

では、親知らずはどのようにして抜歯をするのでしょうか?

実は抜歯は、難易度に関わらず全て手術です。

手術と聞くと、ハードルが高く感じてしまいますが、何事もない普通抜歯であれば、大きな困難は伴いません。

しかし、難抜歯は大きな困難を伴います。

ここからは、歯の生え方によりどのように抜歯の難易度が異なるのか、解説します。

 

難易度1 まっすぐに生えている親知らず

まっすぐに生えている親知らずは、10分ほどで抜歯が可能です。

歯茎が被っていたり、まだ生えてきていない親知らずでも、まっすぐ生えているのであれば、腫れや痛みは少ないです。

費用や通院回数も、比較的少なく済みます。

難易度2 斜めや横向きに生えている親知らず

斜めや横向きに生えている親知らずは、歯を砕きながら抜歯をすることがあります。

できるだけ入口を小さくし、歯を小さく割りながら抜歯することで、腫れや痛みを少なくすることができます。

費用や通院回数は、まっすぐに生えている親知らずより、若干多くなります。

しかし、斜めや横向きに生えている親知らずでも、まっすぐに生えていえる歯と同じ処置で抜歯が可能なこともあります。

難易度3 骨に癒着している歯

歯根が、歯を支える骨に癒着しているケースがあります。

この場合、歯を削って抜歯する処置を行います。

また、歯根が2つ以上ある場合は、歯を分割して問題のある歯根だけを抜歯する処置を行うこともあるのです。

このように、骨を削ったり、歯を分割するような処置を行う場合を、一般的に「難抜歯」と呼んでいます。

他にも歯根が湾曲している歯や、歯根が肥大している歯も骨を削ったり、歯を分割するような処置を行います。

難易度4 歯茎や骨の中に埋まっている親知らず

歯茎や骨の中に埋まっている歯は、「埋伏歯」と呼ばれます。

埋伏歯は、親知らずの頭が手間の歯に食い込み、溶かしてしまうことがあります。

手前の歯の吸収が進んでしまうと、手前の歯も抜歯しなくてはいけなくなる可能性もあるのです。

そのため、歯茎や骨の中に埋まっている歯は、抜歯が必要となります。

また、埋伏歯の中でも骨と癒着して埋まっている歯は、抜歯が著しく困難です。

他にも、親知らずが横向きに埋まっている状態も、抜歯が著しく困難な症例として扱われています。

この場合は、歯茎を切開し、歯の頭の部分を切除してから抜歯します。

実は歯は生えている方向にしか抜けないため、横向きに埋まっている歯を真上に抜くことはできません。

そのため、歯の頭を切除することで空間を生み、頭の部分がなくなった隙間を使い、生えている方向に抜くのです。

埋伏歯は、抜歯後の腫れや痛みが出やすくなります。

親知らずを抜歯する流れ

そんな親知らずですが、どのような流れで抜歯するのでしょうか。

親知らずを抜歯する流れを、以下より解説します。

 

 

レントゲン撮影

まずはレントゲン撮影を行います。

これにより親知らずの状態を確認し、抜歯が行えるかどうかの確認をします。

麻酔

親知らずの抜歯で使用する麻酔は、虫歯などの治療でも使用される表面麻酔や浸潤麻酔を使用します。

表面麻酔は、歯茎に塗るタイプの麻酔です。

浸潤麻酔は、治療する歯の付近の歯茎に注射し、麻酔薬を注入するものです。

これは、歯の周りだけでなく、唇の感覚もなくなります。

歯を削る際の振動や音が気になる患者さんには、これらに加え、笑気という麻酔ガスを鼻から吸引してもらうこともあります。

しかしこれは、痛みを軽減するものではないため、局所麻酔と併用することが多いです。

採用する麻酔の種類は、歯医者さんによって異なるため、使用する麻酔の種類が気になる方は、ぜひ当院にお問い合わせください。

抜歯

麻酔がしっかり効いてきたら、実際に抜歯の処置を行います。

処置の仕方は、先ほども述べた通り親知らずの生え方により異なります。

縫合・消毒

親知らずの抜歯が済んだら、穴の中を綺麗にします。

切開を行った場合は、歯茎の部分を塗っていき、消毒をして処置は終了です。

ここまで紹介した流れは一般的な流れになるため、歯医者さんによって異なる場合があります。

詳しい流れが気になる方は、ぜひ当院にご相談ください。

親知らずの抜歯は保険適用?

親知らずの抜歯が保険適用なのか、気になる方は多いですよね。

結論として、親知らずの抜歯は健康保険が適用されます。

簡単に処置できるものから、特殊な生え方をしているケースまで様々ですが、基本的に保険が適用されます。

しかし親知らずの生え方によって、処置の仕方が異なるため、抜歯にかかる費用は少しずつ違います。

さらに歯医者により費用が異なるため、詳しくは当院にご相談ください。

また、親知らずの抜歯が自由診療となる場合もまれにあります。

「静脈内鎮静法」を使用した治療では、自由診療となることがほとんどです。

静脈内鎮静法とは、痛みを軽減することができるものです。

通常保険適用で行われる局所麻酔法では、歯や顎周辺の感覚のみ麻痺した状態になります。

しかし静脈内鎮静法を利用すると、血管の中に麻酔薬を打つため、より痛みを感じにくくなるのです。

 

 

まとめ

以上で親知らずと難抜歯についてのお話を終わります。

親知らずは、生えてしまうと虫歯になるリスクが高まります。

また、歯茎に炎症を起こしてしまうこともあるため、痛みを感じることも多いです。

そのため、親知らずは生えてきたら抜歯することをおすすめします。

難抜歯が必要となる親知らずが生えてきている場合、より口の中の健康に悪い影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

もし、親知らずが生えている方や、親知らずが生えてくるのか不安な方は、是非一度当院にご相談ください。

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0727821182へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00~19:00
休診日 / 祝日
▲ 土曜日午後:14:00〜18:00
※ 日曜日:8:00〜16:00
電話でご予約・お問い合わせはこちら
はまだ歯科クリニックの外観
  • はまだ歯科クリニックのドクターズファイル
  • はまだ歯科クリニックインスタグラム
  • フッターオファー
    © 2018 はまだ歯科クリニック