電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

矯正治療 マウスピース矯正とは おすすめはどのような人?

2024年7月8日

こんにちは。はまだ歯科クリニックです。

成人の矯正治療では、「マウスピース」が使われることがあります。

今回は、マウスピース矯正がどのような治療であるのか、わからないという方のために記事を書きました。

この記事では、

  • マウスピース矯正とは
  • マウスピース矯正のメリット
  • マウスピース矯正のデメリット
  • マウスピース矯正がおすすめの人

について知ることができます。

マウスピース矯正がどのような治療であるか知りたいという方は、ぜひ一読ください。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、「ワイヤー」や、「ブラケット」は使用しないで、マウスピースの形をしている装置を使用して行う矯正治療の方法のことを言います。

歯科医院が行うマウスピース矯正には、ワイヤーやブラケットとも違い、周囲の人たちに目立ちにくいなどのメリットがあります。

そのような装置であれば、普段人と接する機会が多い仕事をしているという方々でも安心して矯正治療と向き合うことができるのではないでしょうか。

 

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正を行うメリットは、以下のようなことをあげることができます。

  • 目立たない
  • 取り外しができる
  • お口の中を傷つけない

目立たない

マウスピース矯正のメリットは、何よりも目立ちにくいという点です。

いつも人と接する機会が多いという方でも、気軽に矯正治療を行えることは大きな利点です。

従来のワイヤー矯正には抵抗があったという方も多いことでしょう。

当院でも現在お仕事をしているような方に、積極的にマウスピース矯正を紹介させていただいています。

取り外しができる

また、マウスピース矯正のメリットは、容易に取り外しできることです。

マウスピースの矯正治療であれば、食事をするときに外すことができます。

また、マウスピースを外して歯磨きをすることができ、虫歯予防にもつなげることができます。

お口の中を傷つけない

マウスピース矯正は薄く、なめらかな「アライナー」を使っているため、唇の裏側や、舌、粘膜などに、傷や刺激を与えにくいメリットがあります。

また、口内炎などの症状も起こりにくいです。

マウスピース矯正は、金属製のワイヤーを使用する矯正とも違い、痛みを感じにくいことも特徴としてあげることができます。

マウスピース矯正のデメリット

一方で、マウスピース矯正にデメリットもあるため、こちらも確認しておきましょう。

マウスピース矯正のデメリットは、以下の通りです。

  • 自身で装着しなければならない
  • 噛み合わせに違和感がある
  • 治療できない症例がある
  • 装着したまま飲食ができない

 

自身で装着しなければならない

マウスピース矯正のデメリットは、患者さん自身に、装着しなければならない努力が発生してしまうことです。

マウスピースで矯正を行うためには、長い時間をかけて装着が必要です。

実際問題、マウスピース矯正には、取り外しすることができるメリットがあります。

しかし、それは裏返せば、しなければならないときでも外すことができるということになります。

マウスピースを装着していることに、多少なりとも違和感をもってしまうこともあるでしょう。

そのようなとき、取り外しが可能であれば、すぐに取ってしまうことになるかもしれません。

ですから、患者さんもある程度の努力する意識をもたないことには、いい治療結果を見いだすことができなくなってしまいます。

食事の時や、歯磨きをしているときの取り外しは仕方のないことです。

しかし、他の時間帯にできるだけ外さない意識も大事です。

噛み合わせに違和感がある

マウスピース矯正を行うことで、マウスピースの形をしている装置が歯全体を包み込んでしまうため、装置を着用し、口を閉じた際には奥歯が歯茎の方へ沈み込んでしまう可能性があります。

マウスピースの厚みの分だけ、歯が浮いたような感じになる方々もいます。

また、奥歯が噛み合わなくなってしまう…という方もいます。

当院では、しっかり患者さんの状態を確認しマウスピース矯正を続けて行うため、マウスピースの一部を切り落としたり、部分的にワイヤーを装着したりするなどの、都度リカバリーを行っているため安心して治療と向き合うことができます。

現在抱えている患者さん方の不安を解消することももちろん歯科医の役目です。

治療できない症例がある

実際には、どのような患者さんに対してもマウスピース矯正ができるという訳ではありません。

おおかた多くの患者さんにマウスピース矯正は行うことができるのですが、それでも抜歯したスペースを活用し、歯を大きく動かすことはマウスピース矯正にとって不得意分野だという認識も必要です。

当院では、実際にマウスピース矯正を行うことができるか否かは、直接患者さんと向き合い、状態を診断し、判断していくことになります。

装着したまま飲食ができない

マウスピース矯正がずっと装着することで効果がでるものであれば、食事をしている最中でも、マウスピースつけていたいという気持ちも起こるかもしれません。

しかし、マウスピース矯正は、器具をつけた状態では飲食できません。

マウスピースをつけたまま口に入れることができるのは、水や白湯、炭酸水と言ったものだけです。

マウスピースをつけたまま安易に飲食してしまうことで、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうことになりますし、マウスピースの着色につながってしまいます。

たとえば外出しているときでも、お店でコーヒーを飲むときには、マウスピースを外すことになります。

そのようなことは、やはり面倒くさい…と思ってしまうこともあるでしょう。

マウスピース矯正はこのような人たちにおすすめしたい

マウスピース矯正をおすすめしたいのは、以下のような人たちです。

  • 軽度な矯正をしたい人
  • 指示通りにマウスピースの着脱ができる人
  • 矯正中に見た目が気になる人

 

軽度な矯正をしたい人

マウスピース矯正は、軽めの不正な歯並びの方々におすすめで、比較的早く矯正の効果を期待することができます。

早ければ、4~5ヶ月程度の期間で矯正の効果を期待することができます。

指示通りにマウスピースの着脱ができる人

また、マウスピース矯正がおすすめなのは、歯科医が指示した通りにマウスピースの着脱ができる人です。

マウスピース矯正では、長い時間器具を装着する必要があります。

しかし途中、自分自身の判断で装着をしなかったり、交換する時期を変えてしまったりすれば、それだけでいい効果は期待できなくなります。

そのため、マウスピース矯正は、自分でしっかり管理できる人におすすめをしています。

矯正中に見た目が気になる人

また、マウスピース矯正をおすすめしたいのは、矯正している最中に、見た目を気にしている人たちです。

ワイヤー矯正では、目立ってしまうワイヤーを装着しなければならないため、見た目が悪い…と感じる人たちは多くいます。

マウスピース矯正の場合、透明で薄い器具を装着するため、周囲の人たちもよく観察しないとわからなかったりします。

目立たない矯正治療をできれば行いたいと思っている方々には、マウスピース矯正がおすすめです。

当院でも、マウスピース矯正を患者さんにおすすめすることがあります。

マウスピース矯正は、短い期間で目立ちにくい歯科矯正を行えるのが最大のメリットです。

その他にも衛生的であったり、結果が早く出やすかったり、また、口腔内が荒れにくいなどの様々な利点があります。

また、矯正治療は歯並びが良くなることで発音がスムーズになったり、お口の中の衛生環境を保ちやすくなったりするなどの効果も期待できます。

そして、口元の美しさに自信をもつことができるようになり、人前で歯を見せて笑えるようになったという方々も大勢います。

矯正治療は、精神的にポジティブな影響があることも考えることができます。

ただ、マウスピース矯正は残念ながら保険診療ではなく自費診療になります。

高額治療であるため、当院では、そのあたりのことも患者さんにご理解していただいた上で治療を行ってまいります。

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0727821182へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00~19:00
休診日 / 祝日
▲ 土曜日午後:14:00〜18:00
※ 日曜日:8:00〜16:00
電話でご予約・お問い合わせはこちら
はまだ歯科クリニックの外観
  • はまだ歯科クリニックのドクターズファイル
  • はまだ歯科クリニックインスタグラム
  • フッターオファー
    © 2018 はまだ歯科クリニック